忍者ブログ

[PR]

2017年09月25日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

計画者としての友達と恋愛と

2007年11月11日
友達を誘い集めて遊ぶ。

そんな時、友達の事情、気持ちを考慮しながら、誰を誘うか、何処へ行くかも考える。

どうしたら楽しんでもらえるだろうか。

友達が好きな人を、誘うメンバーの中に入れたり。

早い時間を予定しても、遅れるだろうと予測できるのなら、初めから遅めの集合時間にしたり。

それが大人数となると、調整が大変。

誰か1人の都合で、全員の予定を巻き込んで狂う時もある。

すごく考える。

必死に、なるべくみんなが喜べるように考える。

喜んでもらえれば、やっぱり嬉しい。

必死に計画して、実際に集まって遊んだ時、友達の笑顔がたくさん見られると嬉しい。

嬉しいんだけど…。

ふと、苦しみが襲う。

周りがみんな幸せそうで、それを見て自分は苦しくなる。

人の幸せを願って、必死に考えて…

私の幸せはどこに置き去ったのだろう…。

それが悲しくて、周りの人を羨む気持ちが芽生える。

でもそんな逆恨みは間違っていること分かってる。



私は、友達とその想い人を会わせてあげようとするけど。

誰が私の願いを叶えられる?

こんなにも人を集めて、友達の会いたい人に会わせて。

でも、私の一番会いたい人は、そこにいないんだよ!!!



勝手に恨めしく思ってしまう自分が情けない。

その情けなさに腹が立つ。

そして苦しみになる。

その苦しみは、時折襲う。

集まった人達と遊んでいるときにも、ふと苦しみに襲われる。


だから忘れるように、楽しもうとする。
PR
Comment
祐生が集合するの
祐生が集合するの?
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL:

« 再会 | HOME | すがる »