忍者ブログ

[PR]

2017年11月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

苦しい時

2010年09月06日
気持ちが苦しい時、みんなどうするんだろう?

誰かに言うの?

友達とか家族とか?

苦しいのに今すぐ解決できる訳ではなく、誰かに言ったところですぐ解決できる訳ではなく…

でも少しは楽になるんだろうか。

泣き叫べば楽になるんだろうか。

それとも、誰かにとってはちっぽけな苦しみで、そもそもこんな苦しみに耐えられな自分が弱いんだろうか。
PR

最良の選択なんてしたくてもできない

2010年06月12日
できるかぎり最良の選択を。


最良の選択ってなんだ

たとえ望んだところで叶うわけではなく

本当に理解するのは後になってからなんだよ

どうした方が良かったかなんて、後になってからでなければ分からない

理想なんて持たない方が現実との差異を感じることもないのに

それでも良い方へ良い方へと…望んでしまうのは仕方のないこと?

損得を考えてしまう

2010年04月19日
偶に、ふと我に返ると、

自分にとって何の利点も無いのに何故こんなことしてるんだろう?

と思うことがあります。

なんとなく自分がやる流れに負けてるのかな。

何故か自分がやってるけど自分に利益はない、ということに気付いてしまうのです。

そういうのは流れに負けといていいのかな…。

もしかして世間ってみんな自分の為に動いてるのでしょうか。

自分の為になる事をした方がいいじゃないのか?って思ってしまいます。

最終的に損をするんじゃないかと不安になります。

損得で動くのは世知辛いとは思いますが…。

自分の幸せってなんだろう。

人の好き嫌い

2010年03月27日
色んな人がいるのだから、当たり前だけど全ての人を好きになるなんて無理です。

できれば仲良くした方が良いのだけれど。

でも「あーやっぱりダメだこの人苦手!!」と思う人がいる。

その人が持って行きたい方向性が分かってしまうから、余計にイヤ。

全くプラスにならないことを平然と言うし、やってしまう。

回りの迷惑や、後々マイナスになることは考えてないのだろうか。

そんな場合は無理せず、ある程度の距離を置きながら人付き合いをしていきます。

家にいる時

2010年03月19日
家に居る時はできるだけ喋りたくありません。

喋るのが嫌。

子供の頃の記憶では何を言っても怒鳴られたから。

何を言ったところで殴られるから喋るのが恐かった。

沁み付いてしまった感覚は消えない。

この感覚を治すには、感覚や感情を余程厚塗りするしかないのでしょう。

うまく喋れるようにならなきゃ。

ならなきゃなんじゃない、自分がなりたいんだ。

気持ちを言葉にして伝えることが下手なのは分かっています。

感情の表現が乏しいとも言えます。

楽しい時にはどう表現したらいいのか、少しずつ分かって来た最中です。

まだ全然できてないですが、少しずつ…

少しずつ自分の考えや感情を、人に伝えらるように努力していきたいです。

器の大きい人間

2010年01月21日
器の大きい人になりたいと思ってた。

だから人のことをなるべく許し、意見が分かれても相手の意見を取り入れるようにした。

そうして自分の思いを潰していって

我慢して

イライラしてるなら、全然器の大きい人なんかじゃない。

ちっちゃい人間でいるのは嫌だっただけだ。

結局はちっちゃい人間なんだよ。

ちっちゃい人間であることを認めた方が良いのかもしれない。

甘えること

2010年01月11日
人に甘えることはよくない事だと思ってた。

「甘えるな!」と言って怒るということは、甘える事=怒る対象なのだから。

子供の頃から「甘え=よくない事」としてとらえていて、何でもひとりで出来ることがいい事だと刷り込まれてた。

甘え過ぎは自立心が無い。

でも…当たり前だけど、人は完璧じゃないんだから

人を頼る事があってもいいと思う。

何でもひとりで出来るなんて、完璧な人はいない。

少しくらい人を頼って、甘える時があっても許されると思う。

許されて欲しいと思う。

2010年ですね

2010年01月11日
少し遅くなりましたが、2010年明けましておめでとうございます。

しばらくブログを休んでいる間、何度かブログを消そうと思いました。

誰も見ていなかったとしても、本音を書けることはとても気が休まります。

文字にすることで頭の中を整理できるのだと思う。

だからまだこのブログは残していきます。


新年の挨拶ついでに、転職しました。

ばたばたしてますが元気です。

疲れた~

2008年10月20日
しばらく、何もしないことにしました。

「何もしない」をするのは意外に辛い。

何かをしていないと不安になる。

忙しくしているのに慣れてしまった現代人の悲しさ。

人に会う必要がなくなると、会いたくなるという不思議さ。

「働く」のって必要かも。

毎日が休日って落ち着かない。

それぞれの家庭事情

2008年09月21日
自分の家は決して裕福ではないし、幸福とは言い切れない。

子供の頃からずっと不満もあった。

「普通の家に生まれたかった」なんて言ってみたりして。

でも自分の思い描いていた「普通の家」というのは、

実際にあったら、それはかなり「幸福な家」だ。

普通の家はどこでも、大なり小なり問題や悩みを抱えている。

母子家庭の子も居れば、父子家庭の子もいるし、親が再婚したという子もいる。

上を見ればキリがない。

みんなそれぞれの家庭事情を抱えながら生きてるんだな、って思った。
 | HOME | 次のページ »